About ASF奨学会について

当財団は、株式会社旺文社の創業者一族の寄付を財源として運営されております。創業者である赤尾好夫(1907~1985)は、山梨県東八代郡英村(現笛吹市石和町)で生まれ、かねてより故郷である山梨県で公益事業を行い、社会貢献することを熱望しておりました。

そこで、故人の23回忌に当たる2007年、その遺志を引き継ぎ、山梨県内の高等学校、大学及び大学院に在学する生徒・学生のうち、学業、人物ともに優秀で、かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められる者に経済的支援を行うことを目的に当財団を設立いたしました。

この事業を通じ、優秀な若者が学ぶ機会を逃さぬよう支援に努めるとともに、山梨県の発展、ひいては日本の繁栄にも寄与できればと考えております。

山梨県の発展

— これまでの大学生奨学金給付実績 —

山梨大学
学部生20名・大学院20名
山梨県立大学
学部生15名
健康科学大学
学部生12名
山梨学院大学
学部生8名・大学院3名
都留文科大学
学部生8名・大学院2名
山梨英和大学
学部生7名・大学院3名
身延山大学
学部生6名
帝京科学大学
学部生2名
合計:
106名

※平成30年1月時点の実績です。大学は給付実績数の順に掲載しております。